その方法では海外送金で損をしていますよ

子どもがタイにいるので、ちょくちょく海外送金をしている。

最初は銀行から送っていたのだが、さすがに手数料が高いのに気がついて、やめた。

それに手続きもめんどなので。

次に選んだのが、駅前にあったwestern union。

アジア系外国人が結構使っていたように思う。

書類も一枚だし、なんせ送ったそばから、タイで引き落とせるのがいい。

手数料も5万円以内なら1500円と安い。

それで、毎回駅前に通っていたのだが、

それと同じことをセブン銀行で出来ることがわかった。

これだとインターネット経由で出来るので、

いちいち出向かなくていい。

それにナナコもたまるので、これをしばらく使っていた。

ただ、ちょっと不満もある。

実は、去年、子どもの控除証明の為、送金記録が

必要になった。

直近3ヶ月くらいはアプリから観れるが、それ以上は見る方法が無い。

セブン銀行に依頼したらこちらは有料になるという事。

これは是非改良してもらいたい。

それと、日本円とタイバーツの交換レートが

少し悪いようだ。

これは利益が入っているのでしょうがないといえばしょうがないのだが。

その後、ネットを色々観ていると

もっといい方法が見つかった。

それはBitcoin 。

最初は、ちょっと胡散臭かったので

ためらっていたのだが、送金手数料が安かったので試してみることに。

で、大きな失敗をしたのですが、

試しに1万円買って送ってみることにした。

買った時が1ビットコインが32000円くらいの時。

いざ送ろうとしたら、住所の確認とかで

1週間ほどかかることがわかった。

あちゃー、と思ったが、悪いことはもっとあった。

その日を境に下がり始めたのだ。

そして1週間後には約3割減となった。

これ以上下がったらいけないと思って

送ったのだが、受け取った子どもは

6000円とちょっと。

当然、怒っている。

いくら手数料が安くても

レートが不安定ではダメだ。

送金の場合は、確実に必要金額が確保されないと

意味がない。

それに、タイの場合、変換する場所も限られているそうで、不便。

Biticoin は、投機目的に絞ったほうがよさそうだ。

それで、今はもっといい方法が見つかったので、

そっちをやっている。

それは、transfer wise。

これは、実際に送金しないので、手数料が安いそうだ。

どういうことかというと、私のように日本からタイに送る人もいれば、反対にタイから日本に送る人もいる。

だから、両方で金額が合えばわざわざ送らなくていい。

理屈はわかったが、これってどこでもやっていることだと思うが。

で、手数料だが85000円ほど送って1000円。

それに、交換レートは、実際のレートで、ここでも他の方法よりいい。

ただ、送金日数は1-2日は見ないといけない。

あと、管理している会社がイギリスらしいので

日本の場合、 午後1時から8時までが営業時間になるので注意したい。

それとついでだが、このリンクから送ると、最初だけ手数料がただになるそうだ。

https://transferwise.com/i/hirohito-si