人生を変える生活のリズム「体技心」体編

通常などとしてスポーツ選手などに多く使われているこの言葉

私の尊敬する元中日ドラゴンズ監督落合博満氏は、著書の「采配」という本でといった使い方をしている。

体が基本であり、いくら知識があっても、技術があっても、それを行う土台がグラグラだと、なかなかうまくは活用できないというものだ。

スポーツ選手では技術を使うための体が一番大事で、練習で培った技術は自信につながりメンタルを補うというものだが、プロスポーツ選手ほどに身体を使わない私達にもこの考え方は活用できる。

一般人が体なんか鍛えてどうするのよ?
と、昔は僕も思っていたのだけれど

「朝、決まった時間に起きれる体づくり」

「有事の自体が発生した時に、すぐにお得意様の所に飛んでいける行動力」

「アイディアを実現するためのエネルギー」

こういうのは我々にも大事だ。

みんなが大事大事と連呼する行動力とは「体」からきている

行動力を高めるにはどうすればいいのか?

株式投資でも、その売買技術や見識がいかに優れていようともザラ場(市場が開いている時間)に起きていなければ使いようがない。
それどころか、「あーあの時売っておけば」のようなたらればを連発するようなことが続出し、メンタル的にも問題が出てきて、技術にも狂いをきたす。

相手を思う気持ちは誰にも負けませんとか言っていても、行動する体力不足でいざという時に行動が遅れてしまっては意味が無い。

色々アイディアを思いつく頭があっても、なんか「タリーな」と動かなければ何も始まらない。

僕たちの身に付けるべき「体」とはスポーツ選手並みの体力のことではなく、思いついたものをすぐに実行できる行動力、早起きしても、すぐに行動できる体力などだ。
これは過酷な走りこみなどで身につけるようなものではないし、スポーツ選手とは違った視点で考える必要があるのではないだろうか?

そう「生活のリズム」だ。

生活のリズムを変えれば人生も変わる

当たり前すぎて見落としがちになっていた生活のリズム

簡単そうでなかなか変えられない生活のリズム

世間ではダイエットが難しいと言われているが、それは生活のパターンが太るような行動をするようにルーチン化されていて、それを変えるのが難しいからだと思う。
生活のリズムを簡単に変えることが出来る人はダイエットなんかも簡単にできてしまうのではないだろうか。

つまり、生活のリズムを変えるということは非常に難しいことなんだよね。
私は今年で32歳になるわけだけれど、15歳にアメリカに3ヶ月遊学しに言った時の時差ボケが17年間続いている状態だ。

そこで生活のリズムを変えるための方法を考えて実行することにした。
筋金入りの堕落人間なので実現不可そうなものは取り入れない。

夜型人間が生活のリズムを整える方法

サッカー日本代表、長谷部誠選手の「心を整える」っぽく、生活のリズムを整える方法。

難しい方法にしてしまうと、やるのが面倒くさくなり結局やらないで終わってしまうので、ここはシンプルに整理していこうと思う。

夜型人間が生活のリズムを整えるために行う、たった2つの行動

よく日光浴をするといいという声がありますが、日に浴びると眠たくなって昼寝してしまったり、天気の悪い日はできずに、やらない理由づくりの原因となってしまうのであまりおすすめできません。
そこで、ここで取り入れていく、いついかなるときも簡単にできる2つの方法だけれども

時間の意識改革
まず、夜型の人間だと、00時では「まだ00時か」って感覚だし、深夜の2時30分くらいでも「ちょっと遅くなってきたな」って感覚だと思う。
これが早起きする人に聞いてみると23時でも「もうこんな時間か」になる。
まずそこから早起き人間を真似てみる、23時で「もうこんな時間か」と思うように意識していく。
そして23時30分には「やばい、もうこんな時間だよー 早く寝なくちゃ!
と思えるようにしていく。

日中体を動かす!
激しい運動をやる必要はないです。
筋トレ、ウォーキング、ランニング、ダンス、テニス、自分が好きでやりやすい、続けやすいものならなんでもいいと思いますが、私はラジオ体操をオススメします。
脳が活性化され、精神面もよくなりました、何より室内でもできるし6分程度で出来る手軽さ、そしてその割には身体に結構な負荷がかかる、ねじり、ソリの動きが全身のマッサージなどにもなるというのがおすすめのポイントです。

夜型人間が生活のリズムを整えるためにやらない、たった2つの行動

●就寝時間が近くなってきたら携帯をいじらない・パソコンをつけない、テレビを見ない、本を読まない。
渡しの場合22時30分~

●考え事をしない(目が覚めればどうせリセットされるので、考え事をやるのは朝起きてから)

寝る前に脳が興奮するようなことはあまりやらないほうがいいです。
それだと時間を持てあますという場合は、掃除したり、風呂に入ったり、爪切ったり体のケアをしたり、単純作業をするのがいいでしょう。

おすすめ生活改善応援サイト

当ブログのオススメ記事
ラジオ体操ダイエット8つの効果

厚生労働省が「Smart Life Project(スマート ライフ プロジェクト)」を開始
健康寿命を延ばすため

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ